concept

農ある暮らし

『農』の意味とは単に田畑を耕し作物を作るという意味ではなく、森林を切り開き種をまきその種を継いでいくということです。大きく言えば作物を食し続けていくことにも繋がります。

どこでどのように作られ、どうあなたのそばに来るのか。それをあなたはどう選ぶのか。

手から手へそしてどう次の手に繋げていくのか。それこそが『農ある暮らし』の第一歩だと思っております。

シンプルに

作り手達は極力身近に手に入る資材を使ってシンプルに栽培をしています。それが無駄なく無理なく持続可能だという思いを持って。

ただ、一生懸命作っても天候や気象条件に左右され工場製品のようにきっちり完成日が決まらないのも事実。

tsutaebitoではそれに合わせて、注文販売はせずその日採れたものをその日にお届けいたします。

サービスは少なめ感動は多めに

個人宅配や広いエリアの配送、豊富な品揃えなど行き届いたサービスはありません。

足を運び実際に見て選ぶことで、大げさでなく畑で味わうようなその日しか出会えないものに出会えた感動や家で調理し食べた時の感動を得ることができます。

手間はかかるかもしれませんが、それが自分の時間となっている方も少なくはありません。

一人からでもできる地域とのつながり

自分の住んでいる地域を意識してみて下さい。それを作っているのは住んでいる一人一人の選択です。

より身近なものを食すことで、近隣農地は守られ、次の世代へと受け継がれていきます。

それが一人の小さな意思でも、よりダイレクトに効果的に繋げる事ができる。それがtsutaebitoです。